暮らしのトータルサポートを目指す
~ 株式会社トーセン ~

埼玉県川口市を中心に東京、千葉県全域に対応!
エアコン工事、リフォームのことならお任せ下さい!

毎年恒例の、社員研修という名の旅行に行ってまいりました。 後編

2015年1月9日
DSC_0193[1]

研修2日目。前日遅くまで起きていたので、なかなか起きれず、無理矢理体を起こして朝食に向かいました。

DSC_0113[1]

髙橋さんは、坂口さんに無理矢理起こされたので、まだイマイチ目が覚めていない様子です。

小川さんたちの泊まったお部屋は、富士山が見えるお部屋ということで朝、期待してカーテンを開けて見ると、

DSC_0127[1]

雲が多くて5合目くらいまでしか見えませんでした。前の晩は、雨も上がって夜空には星も見えていたというのに…。ここにきて、また小川さんのあの『力』が作動してしまった様です。

チェックアウト前に朝の海辺を散歩しました。

DSC_0129[1]

朝から海のゴミを片している方が沢山いらっしゃいました。

DSC_0132[1]

海の写真を撮る小櫃さん。

DSC_0137[1]

こちらにお住まいの方は、ウチの従業員の髙橋さんによく似ています。

散歩を終えチェックアウトを済まし、昨日行った沼津港に向かいます。

1420726369815[1]

昨日とはうって変わって晴天に恵まれました。ここでお土産を買ったり、色々と改めて見学します。

DSC_0140[1]

某お笑い芸人ばりに、押すなよと言わんばかりに海を覗き込む髙橋さん。…欲しがり屋さんです。

DSC_0141[1]

思わず押したくなる後ろ姿です。押せば良かったと後悔をしております。

DSC_0142[1]

色々と見学をしたり買い物を終えて、耳に残るオリジナルソングが終始流れている沼津港を後にし、次の目的地の箱根神社を目指します。

DSC_0144[1]

1420622226087[1]

途中で芦ノ湖を見えるところで車を停めて、みんなで外に出て見ていましたが沼津港との温度差が半端ではなく、すぐに車に乗り込み改めて箱根神社を目指します。

1420622245635[1]

1420622246823[1]

最初は遊覧船に乗ってからこちらに来ようと思っていたのですが、遊覧船の時間が合わず、先に箱根神社に来てから遊覧船に乗るというプランに変更しました。

DSC_0147[1]

DSC_0148[1]

DSC_0150[1]

そこそこ長い階段を上りきった所で小川さんは小休止。少々肺にキタそうです(笑)

1420622849856[1]

みんなでお参りします。「箱根を背にするものは天下を制す」と言われる関東屈指の神社。関東で仕事をしている我々としましては最高のパワースポット。今年の株式会社トーセンも間違いなしでしょう。

DSC_0151[1]

DSC_0152[1]

DSC_0153[1]

箱根神社でしっかりお参りしたあと、お楽しみの遊覧船へと向かいます。

DSC_0157[1]

実は一昨年にも乗っていたのですが、やはりコチラに来たら乗らない訳にはいかないでしょう。

DSC_0162[1]

外の気温はかなり低く、外で見学するにはかなり厳しい寒さ。しかし、

DSC_0166[1]

それでもこの綺麗な空気を堪能するべくみんなで外に出ます。株式会社トーセンは埼玉一アツい会社と自負しております。

DSC_0169[1]

寒くないです。

DSC_0191[1]

寒くはないのです。

DSC_0185[1]

寒くはないんやで~(笑)

箱根園というところで船を乗り換えたのですが、乗り換えた船に実に興味深いモノがありました。

DSC_0182[1]

『九頭龍の朱色の鳥居が見える時あなたが想うその気持ちを込めて、ウィッシュベルを鳴らそう』

1420622871764[1]

見えました。

DSC_0193[1]

何故か3人で鳴らします。

DSC_0200[1]

小林さんも鳴らします。

DSC_0205[1]

瀬底さんも加藤くんと鳴らします。

1420621893014[1]

小川さん、一体誰が本命なのですか!?

DSC_0198[1]

鈴木さんと髙橋さん、いよいよもって怪しい二人です。

DSC_0208[1]

遊覧船をみんなで楽しんだ後、お土産など買って帰路に着きます。家に帰るまでが旅行(研修)です。気を引き締めて帰ります。

DSC_0209[1]

事務所に到着すると、みんなすっかり仕事モードです。明日の仕事に備えて準備を進めます。この切り替えがやはり非常に大事ですね。

今回の社員研修という名の旅行も無事終了しました。箱根神社へのお参りも済ませ、今年の株式会社トーセンはさらなる飛躍が期待できます。そこにはきっと昨年我々の仲間になった、アノ3人がきっと絡んでくることでしょう。


close